Rajmjlmlsb6t2hs4numw f07c1f26 1eb2 4563 a043 1094e0c4b167

RYT200ヨガインストラクター養成講座お申し込み

2022/9/10~12/17(米国西海岸時間)開催

トレーニングの内容に含まれているもの:
  • 全米ヨガアライアンス認定講師の資格取得のための200時間トレーニング
  • わかりやすくまとめられた講義の録画をお好きな時間に無制限で受講
  • ライブで行われる講義へのアクセス
  • 担当講師による毎週2回の、ライブ講義にてアーサナや指導プラクティスなどへのきめ細やかなフィードバック
  • 毎週の課題(小テスト、短いエッセイ、指導台本、シークエンスの書き出し)に対して毎週担当講師からフィードバック
  • 一括払いをされた方には冊子のトレーニングマニュアルも全世界無料で送付。

  • INNER GLOW YOGAのライブとオンデマンド(録画)クラス無制限アクセス(お申し込みの日からトレーニング終了日まで)
  • トレーニング受講者のみアクセス可能Googleクラスルームでディスカッションに参加

ご利用可能なクレジットカード一覧:
American Express/ China UnionPay (CUP)/ Discover & Diners/ JCB/ Mastercard/ Visa

過去のトレーニングの卒業生の声:

”初心者のうちにきよみ先生から正しいアライメント、個々の身体つきに合わせた適切なモディフィケーションの方法、怪我をしやすい部位、無理をしないことの大切さをきちんと学べたことが、この世にたった一人の自分の身体や心を尊重しじっくり向き合うための土台となりました。プラクティスを通じて、他の誰とも違う、昨日の自分とも少し違う自分の心と身体と対話する時間はいつも発見の連続でとても新鮮です。一生続いていくであろうこのヨガのジャーニーの入り口できよみ先生と出会い道を示していただけたことは、私にとっての大きな財産となりました。”

Yukiko Kishimoto

"先生の経験の豊かさと知識、体験を生かした多彩なアプローチによって、ヨガに対する向き合い方、自分との向き合い方を知ることが出来たことが私の宝物です。自分の体と心に気づくことは出来ているようで出来ておらず、考えているようで意外と傍に置いたままにしていることが沢山あると改めて気づき、そこからヨガを通して少しずつ向き合って大事に育んでいくことの楽しさ、充実感、安心感を学んでいます。アーサナの動きのポイントも怪我を防ぎながら、一人一人違う身体に対して、本人がいかにそこに意識を持っていけるかをガイドしてくれて、体の動きだけでなく、呼吸法、瞑想、クリヤといった色々な方法を使ってレッスンしてくれるので、いつも何かに気づき新鮮な気持ちでワクワクします。他人や外の世界に向きがちなエネルギーを自分の内に持っていくことで、本来の自分自身と向き合って優しく生きていくことをヨガを通してこれからも学んでいきたいです。" -Yu Segalさん

Yu Segal

$2,750.00 USD

返金規約

お申し込みの前に次のセクションを読み、INNER GLOW YOGA SCHOOLの方針と手順をよく理解してください。

当講座への申込者が支払い後、ライブ講座開始前日までに参加を取りやめたい場合、お申し込み金額の15%を手数料として差し引いた額が返金されます。

ライブ講座開始日後は如何なる払い戻しや譲渡もできませんが移籍は可能です。

当講座はライブ講座開始日前に講座の開催を取り止める権利を持っています。その場合、申込者にはすべての支払い額が満額払い戻されます。

当講座への申込者の都合にて参加をキャンセルした場合、及び、講座の開催が取りやめになったその日から全ての録画講義へのアクセスが取り消しとなり、ライブクラス、ライブ講座への参加はできません。

支払い情報、返金と移籍

早期割引価格で受講するためには、早期登録締め切り日までに全額をお振込みください。受講料のお支払いは、ライブ講義開催初日前に完了してください。繰り返しとなりますが、ライブ講義初日以降は払い戻しはできません(移籍のみ)。

 

お申し込み契約書:

• 私(以下、INNER GLOW YOGA SCHOOL 200時間ヨガ講師養成講座受講者)は、必須の講義受講時間数を満たし、ホームワークと小テスト/トピック・レビューの全ての課題の提出、最終筆記試験の合格、最終実技の合格をした場合に、INNER GLOW YOGA SCHOOL 200時間ヨガ講師養成講座を修了した証明としてヨガアライアンスや将来の雇用主に提出ができる修了書(卒業証書)を受け取ることができる、と言う事を理解します。

• 私の行動が不適切で、非倫理的またはヨガアライアンスの倫理基準を違反する場合、INNER GLOW YOGA SCHOOLは、私に当トレーニングスクールから退校するように要求する権利を持つことを理解します。 その場合、受講料の払い戻しがないことを理解します。

• 分割払いでの受講で期日に支払いができない場合、事前に担当講師やスクールのカスタマーサービスに連絡がない限りは、満額のお支払いが受理されるまで録画講義へのアクセスができない事、及びライブ講義にに出席することができないことを理解します。

• INNER GLOW YOGA SCHOOLの教材や録画講義は全て著作権の保護のもとにあり、著者の許可を得ることなく複製することができないことを理解します。従うことができなかった場合は、訴訟の可能性があることも理解します。

 

 私(以下、INNER GLOW YOGA SCHOOL 200時間ヨガ講師養成講座受講者)はINNER GLOW SCHOOLの移籍に関する方針が下記の通り説明されていることを理解します。

 

INNER GLOW YOGA SCHOOLの移籍の方針:

一度ライブ講義が始まったらどのような理由でも返金は行えませんが、将来行われる講座に移籍が可能です。

 

受講者がライブ講義開始後、1~3週の間で次回のトレーニングへの移籍を要求した場合、受講者は500ドルの移籍費を支払い、次のトレーニングを初めから受講することができる。受講者がライブ講義開始後4週目以降に移籍を要求した場合、受講者は50%の割引価格で次回のトレーニングを最初から受講することができる。

注:移籍を希望する場合、INNER GLOW YOGA SCHOOLは当初お申し込みをいただいたトレーニングと同じ開催時期、開催場所、開催形体を約束することができないことをご理解お願いいたします。 

 

当初お申し込みをいただいた講座から2年以内に行われる講座への移籍が可能であることを理解します。2年以内に受講ができない場合には、返金はできませんが、事前にご相談があれば当講座の移籍可能期間を延長することが検討される場合もあります。受講者は自分の責任で担当講師、学校のカスタマーサービスに連絡をとって再受講の手続きを取らなければいけない。

 

修了要件(Attendance Policy)

INNER GLOW YOGA SCHOOL 200時間ヨガ講師養成講座 卒業要件

  1. 担当講師より毎週指定されるヨガ講師養成講座の録画講義を全て受講。
  2. 指定されるライブ講義必須受講時間数を満たす。
  3. 指定された数のライブクラスを受講。
  4. 毎週課される課題、小テスト/トピック・レビューを全て提出。
  5. 最終試験を70点以上で合格する。
  6. 最終指導実技で講座で指導されたことを反映して指導をする。
  7. ライブヨガクラスを週に2回受講

 

最終筆記試験の提出締め切り日から4週間から6週間以内に上記の終了要件を満たしている受講者には卒業証書がデジタルで(メールで)送付されます。

 

以下で詳細を確認してください:

①当プログラムの始業の時間を厳守してください。5分以上遅れる場合は担当講師に知らせてください。受講生は指定された時間分のライブ講義への100%の出席が求められています。しかしながら、当スクールでは受講生に講義外での重要な約束、責任等がある事は理解しています。やむ負えない事情で決められたスケジュールの中でライブ講義が受講できない場合は次の週のライブ講義を追加で受講することで補うことも可能です。

講座期間内にやむを得ない理由により他の週の講義も受講できず、ライブ講義必須受講時間数が講座期間内に満たせない場合は、担当講師と欠席分の補習を行い、ライブ講義必須受講時間数を満たす必要がああります。受講生には欠席したライブ講義を補うために他の週のライブ講義のスケジュールを自分で調整したり、担当講師と追加の料金でプライベートの講義を受講するように依頼することでライブ講義必須受講時間数を満たす責任があります。

ある授業で長時間の離席の必要性が生じた場合、受講生は授業が始まる前に講師にその旨を伝える必要があります。 

ライブ講義期間中 (西海岸時間9月10日〜12月17日)でライブ講義必須受講時間数が全て終了できない場合:

担当講師との個別のレッスンでも補えます。講師が個別に追加のクラスを実施する場合、追加料金が発生しますのでご注意ください。受講者はライブ講義必須受講時間数が講座期間内に満たせない場合、補習を受けないままでは当講師養成講座からの修了書を受け取ることができないことを理解していなければなりません。

プライベートオンラインライブ講座の補習で補う際には追加の料金がかかります。セッションは1時間で$125となります。

o 1時間のプライベート = 欠席時間が1~3時間補える

o 1.5時間のプライベート = 欠席時間が4~5時間補える

o 2時間のプライベート= 欠席時間が5~6時間補える

o 2.5時間のプライベート = 欠席時間が6~7時間補える

o 3時間のプライベート = 欠席時間が7~8時間補える

o 4時間のプライベート = 欠席時間が9~10時間補える

o 5時間のプライベート = 欠席時間が10~12時間補える

注: 講師の空き状況によって、2回のプライベートセッションまでが認められています。プライベートセッションはそれぞれの講座開催期間中のみで、講座が終了したらよほどの理由がない限り受けることはできません。どうしても難しい場合には講座の期間終了前に必ず担当講師に相談をしてください。 

注意:プライベートで講座の補習を行うことができる時間は10時間分(5時間のプライベート)までと限られています。また補習は講師の時間の有無にもよります。場合によっては次回のトレーニングでライブ講義を受講できなかった週と同じトピックを扱っている週に受講し、卒業の資格を得る必要があるかも知れません。

 ②200時間レベルの修了書を受け取るためには、全ての課題を提出する必要があります。期日に間に合わない場合は2週間の猶予がそれぞれの宿題に与えられています。 何か避けられない理由で2週間の猶予期間中に課題の提出ができない場合には担当講師に相談をし、提出期限の延長を申し込むようにしてください。尚、遅れて提出された課題は採点されない場合がありますのでご了承ください。

卒業修了の資格を得るには授業内の最終筆記試験に合格しなければなりません。筆記試験の合格基準は70点です。

最終実技の合否は、この講座で学んだ内容の理解を指導の中に反映させることが重要な判断基準となります。評価の基準は指定された技法を安全性を重視して分かりやすく教えられるかどうかに基づいて判断されます。

筆記試験に合格しなかった場合、再試験を受けることができます。試験不合格の連絡をもらってから1ヶ月以内に再試験を受けてください。再試験の料金は$200です(採点費用、アドミニストレーション費用)。再試験は問題を受け取ってから2週間以内に完了させてください。なお、1回目の試験に合格しなかった理由によっては、担当講師との1時間のプライベートの補講を薦められるかもしれません。プライベート補講の料金は、1時間あたり$125です。プライベート補講の受講は、再試験の合格を保証するものではありません。2度目でも合格しなかった場合は、全トレーニングを次回半額にして再履修することができます。

期日後に提出された試験は受け取りません。 試験を提出しなかったり、締め切り日以降に提出された場合、その試験は採点されず、また別の再試験を受ける必要があります。

担当講師に連絡し、再試験の行程をはじめ、新しい試験を受け取るのは自己責任です。試験の不合格の結果を受け取ってから、見直しを行い、すみやかに再試験のお申し込みをして再試験に取り組むように。再試験の問題を受け取ってから14日以降に試験を提出しても受理することはできません。再試験は締め切り日までに、担当講師まで提出してください。期限内に再試験が提出されない場合や再試験を合格しない場合は、“不合格”になります。正規の価格の半額で次回のトレーニングを再履修する機会を得られます。

最終筆記テストの締め切り

持ち帰りのテスト:トレーニング中に詳しい締め切り日が説明される。

提出はGoogleクラスルームにて指定の場所に入れる。

試験の採点結果

採点された試験、修了書*が最終筆記テスト提出締め切り日から4〜6週間以内に送付されます。

*クラス内試験と持ち帰り試験の両方が70点以上の場合

 ③最終実技試験

トレーニングの終盤、指定されたポーズを担当講師とのライブクラスで教えて頂き、今まで学んできたことをまとめる機会があります。最終実技試験は、学びの理解度と学んできたことを首尾一貫して教える力を表現するチャンスです。最終実技試験を行うは、プログラムの修了書を得るために必要ではありますが、エネルギーを全て消耗するほど、この実技を心配しないようにしましょう。落とすための最終実技ではなく、準備のプロセスの中で学んでいただくのが目的です。最終実技までに準備するための指導練習をする機会は何度もありますし、毎週の指導プラクティスで徐々に慣れていくようにします。

最終実技試験の内容の例:

指定されたクラスの流れ(シークエンス)の一部を他の生徒の前で指導(10〜15分ほど)。体だけではなく生徒一人一人に向き合う気持ちで指導を行う。安全性を重視して、ポーズに入り、ポーズの最中に取り組むことを指導し、ポーズから出るまでを指導。

④ライブ講座、ライブクラス受講のログを取る

トレーニング中に200時間講師養成講座担当講師の行なっているヨガクラスを週に2回受講していただくことが卒業の条件となります。それぞれのヨガクラスはトレーニングのテーマに沿っています。週2回分のクラス受講記録用紙は講座開始の前日までにGoogle Classroomより配布されます。この受講の記録はトレーニングの最後の日までにGoogle Classroomより提出いただきます。

 クラス受講のガイドライン

週2回受講いただくライブヨガクラスのリストで認められるヨガクラスは200時間講師養成講座担当講師の行なっているクラスのみです。担当講師のクラスの受講料は全てトレーニングの受講料に含まれています。それぞれ1時間のクラスとなります。トレーニング中に教えている内容をクラスに反映するので講座で学んだことを復習できます。時間が合わない方はオンデマンドヨガクラス(録画)されているクラスを受講して記録を取るようにします。詳細は説明ビデオを参照にしてください。

ライブ講座:講座期間中、毎週2コマのライブ講義を受講します。その記録をまとめる用紙が講座開始の前日までにGoogle Classroomより配布されます。この受講の記録はトレーニングの最後の日までにGoogle Classroomより提出いただきます。

INNER GLOW YOGA (インナーグローヨガ)/KIYOMIYOGA JPN 主催のクラス参加にあたっての同意書

INNER GLOW YOGA (インナーグローヨガ)利用者(以下、「私」)は、INNER GLOW YOGA (インナーグローヨガ)/ KIYOMIYOGA JPN が運営するオンラインサービスのレッスン参加に際し、下記内容について承諾いたします。

1.私は、講師、高橋きよみの指導の下、レッスンを行い、私個人の責任の下に、安全に注意を払い、自らの身体的限界を超えない範囲でレッスンに参加することを承諾します。

2.私は、既にアレルギー体質の場合、負傷中の場合、疾病中の場合、妊娠中の場合、先天的あるいは後天的な理由で、身体機能の一部に障害をお持ちの場合、主治医の承諾の下、予約時に申告することに承諾します。

3..私は、上記2.に該当する場合、緊急の際に知っておいてほしい応急処置がある場合は、クラスや講義前参加前に必ず予約する際に申告することを誓います。

4..私は、上記2.に該当する場合は事前に主治医に相談し、自身の責任によって、レッスン参加に何ら問題がないこと、また、体調管理を行うことを認めます。

5..私は、オンラインレッスンは、治療、診断を目的とした医療行為とは異なり、心身ともに健康を得る効果が「期待できるもの」であることを理解し、アレルギー体質の治療目的や疾患・負傷・疾病などの治療目的に参加しないことを承諾します。また、事前に主治医に相談するよう担当講師高橋きよみ、およびINNER GLOW YOGA (インナーグローヨガ)側が求めていることを認めます。

6..私は、万一、レッスン中に体調などに異常が生じた場合は、直ちに参加を中断し、担当講師に報告することを承諾します。

7..私は、万一、レッスン中に負傷・疾病などが発生し、罹病した場合、後遺症が発生した場合、死亡した、流産した場合についても、自ら責任を負うことを承諾し、担当講師高橋きよみ、およびINNER GLOW YOGA (インナーグローヨガ)側はその原因の如何に関わらず一切の責任を負わないことを承諾します。

8..オンラインレッスンでは、Zoomを通してのライブのレッスンの際には画面が講師から見えるような設定になっています。他の受講者の方にも小さな画面が見える形になりますので、.私は、講師からの口頭でのアジャストメントが必要なく、プライバシーが必要な場合、カメラをオフにするかまた、レッスン中はご自分の音声を講師や他の参加者から聞こえないようにするミュート(音声オフ)の設定をする必要があることを理解し、承諾します。

私は上記を読み理解した上で承諾、遵守します。

お問い合わせ

 INNER GLOW YOGA (インナーグローヨガ)/KIYOMIYOGA JPN 主催のクラス参加にあたっての同意書 に何かご質問、問題などがある場合は以下までご連絡をください:

高橋きよみ

By email: [email protected]

このメールアドレスには既にアカウントがあります。これはあなたですか?

サインイン